Keep running, Run faster.

毎日コツコツ、走ってます。山とか、街とか、トラックとか

【レース】第5回筑波連山天空ロード&トレイルランin 石岡大会 前編

20180826

【レース名】筑波連山天空ロード&トレイルランin 石岡大会

【距離】  48キロ(ミドル)

【累積標高】不明

【制限時間】8時間30分

【エントリー開始日】4月1日

【前日受付】ロングのみ必要

 

8月25日、石岡到着。

f:id:keiichi423kun:20180902210604j:image

相変わらず、駅前はがらんとしている。今までのトレイルレースには、ほとんど一人で参加してきた。周りにトレイルランニングをしている友人がいなかったからだが、最近になってトレラン仲間が増え、今回のレースは僕を含めて3人での参加になった。レース前、レース後にご飯を一緒に食べたり、トレランの話ができる人がいるのは、やはり良いなと思った。

17時半頃に石岡駅に着き、駅近くのビジネスホテルにチェックインを済ませると、予約をしておいたホテル近くのレストランに入った。以前、はじめて石岡での、トレイルレースに参加した時に入った洋食屋で、ふらっと入ったのだが、昔からある街の洋食屋さんといった風情でとても気に入ったので、今回は他のメンバーを半ば強引に説得し、この店を予約した。

食事はどれもボリュームがあって前回同様とても美味しかった。でも、いつもそうなのだが、今回も食事をしながら、憂鬱でしかたなかった。気が重かった。もちろん心の奥底ではレースを楽しみにしているので、「レースに出たくない」と言いつつ、楽しい雰囲気にはなるのだが、今回は大きな心配事があった。

 

気温だ。

 

今年は例年になく猛暑の夏で、レース一週間前に少し気温は下がったものの、レース週になり、再び気温があがり、天気予報によると当日の気温は35度近くになるとのことだった。今までいろんな大会に参加してきたが、35度近くの気温の中を走った経験は一度もなく、暑さに強いほうでもないので、倒れることなく無事に完走できる自信が全くといっていいほどなかった。そもそも練習でもそこまでの炎天下の中走ったことはなく、一人でエントリーしていたら、棄権していたかもしれない。

ただ、走ると決めた以上、嫌だ嫌だといっても仕方がないので、自分なりの戦略は用意していた。

つまり、スタートの時間は午前5時10分と早いので、気温が上がる前にロードの20キロを終えてしまう。そして午前7時頃にはトレイル区間に入り、木陰の中、着実に前進し、エネルギーを温存しつつ、後半に備える算段だった。もちろん、ロードを早く終えようとするあまり、ペースを上げ過ぎてしまうと後半に響くので、そのあたりのバランスを考える必要はある。ペース配分は実際に走ってみて、体感温度や当日のコンディションをみて、決めるつもりだった。

 

食事をしていると、激しい雷雨があり、食べ終えても雨は降り続いたため、窓の外をみながら、この雨で少しでも気温が下がればよいと思った。

ただ、天気予報によれば、当日の気温が下がることはなさそうだった。むしろ、この雨でトレイル区間は泥濘むだろうし、より過酷なレースになりそうだった。

改めて、ロードと、トレイルは違うなと思った。

 

小雨になったのを見計らって店をでて、近くのコンビニで当日の朝食を買い、ホテルに戻った。

明日の準備を終えると、一緒に参加している友人からメッセージが入っていた。

「窓の外、花火!」

カーテンを開けると、遠くのほうで花火が上がっているのがはっきりと見えた。そういえば今年、花火を見ていなかったなと思いながら、しばらくぼんやりと眺めていたが、明日のことを考えるとそれ以上のんびり花火を見ている心の余裕はなく、そそくさとベッドに潜り込んだ。

 

 

【練習日記】50分ジョグ

20180824木

都内をサークルのメンバーと街ラン。夜の築地新市場や勝どき周辺を走る。夜景を見ながらのランはとても気持ちよかったが、湿度はおそらくほぼ100%あったのではないか。不快感、ここに極まれり。日曜日のトレイルレースは果たして大丈夫かと不安になる。脚の状態はかなり良くなってきた。

【練習日記】40分ジョグ

20180821火

食後に40分ジョグ。家の近所の川沿いをキロ6分くらいで走る。あまり今月はトレーニングができていないけど、体はよく動いた。スカイツリーが大きくみえる川沿いのベンチには、カップルがおしゃべりをしていたり、ダイエットに励む中年女性が楽しく歩いていたり、色々な人がいる。酷暑は過ぎたが、蒸し暑い夏の夜を走っていると、日頃のストレスがすっと抜けていく。気持ちよい夏の夜

【練習日記】20キロLSD

20180818

18時ごろより、都内を友人とぐるぐると走る。キロ6分で、約2時間。気温が下がり湿度も低く非常に走りやすい。ついついペースが上がってしまう。そろそろスピード練習をしなければならないという思いはある。練習後、友人と餃子を食べた。夏に食べる、ビールと餃子は最高だなと思う。来週もうまいビールのために、仕事と練習を頑張る

【練習日記】ジム

20180815

ジムにて40分ジョグ。腰に違和感があり、別の練習会に参加する予定だったが、変更して、1人ジムにて練習。腰は身体を動かす、まさに要なので、少し怖い。今月末にトレイルのレースがあるのだが、無理せず走りたいと思う。

マラソン大会、Tシャツランキング

ラソン大会に参加していると、ほとんどと言っていいほど参加賞がある。最近では、その地域の特産品が参加賞だったり、参加賞をなくして、その分エントリー料金を安くする大会もあるようだが、やはりTシャツやタオルはマラソン大会の参加賞として定番だ。

増えすぎると収納に困るので定期的に処分をするほうがよいのだが、物を捨てられない性格のため、溜まるいっぽうである。ただ、タンスの肥やしにしていても仕方がないので、僕が参加したマラソン大会(トレイルを含む)の中からお気に入りのTシャツをランキングしてみたい。

 

第3位『2016埼玉こくさいマラソン』 

すごく思い入れのある大会であったことも影響していると思うが、生地に張りがあり、着心地もよいので、とても気に入っている。シンプルなデザインのため、飽きがなく、今日は気合をいれて練習をしたい時などに着ている。プーマがデザインするマラソン大会のTシャツもなかなか珍しい気がするのだが、どうなのだろうか。

 

f:id:keiichi423kun:20180812074217j:plain

f:id:keiichi423kun:20180812074226j:plain

 

第2位『2018 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン

今年のウルトラマラソンの参加賞Tシャツ。さすがノースフェイスといった感じで、デザインはもちろんのこと、吸湿性、速乾性に優れている生地なんじゃないかと思う。色もよく、袖に入っているワンポイントのデザインも良い。着ているだけ少し早く走れる気がします。

 

f:id:keiichi423kun:20180812074151j:plain

f:id:keiichi423kun:20180812074209j:plain

 

第1位『白馬国際トレイルラン2017』

 

肌触りが素晴らしく、また霜降りの生地もおしゃれだ。このTシャツだけはランニングの時ではなく、普段着として着ている。トレイルの大会の参加賞は比較的デザイン性が高いものが多いように感じるのだが、このTシャツはその中でも群を抜いている。

 

f:id:keiichi423kun:20180812074135j:plain

f:id:keiichi423kun:20180812074143j:plain


 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

ジムと見栄

先月からジムに通い始めたのだが、これが思いのほか楽しく、自分でも驚いている。大浴場もあり、トレーニングの後に風呂に入って疲れを癒すのはすこぶる気持ちがよい。週に2〜3回くらいは通っている。

 

  実は3年前くらいに、別のジムに通っていたことがある。外を走ることが好きだし、トレッドミルは退屈で性に合わないので、ジムに通うつもりはなかった。でも、一時期故障をしてあまり走れなくなってしまい、何か別のトレーニングができないかと考えた時に、ジムのプールでスイミングをしようと思いたち、入会した。正直な話、僕はあまり泳ぎが得意でなかったので、まずはプールプログラムに参加し、ゆくゆくは一人で自由に泳ぎたいと思ったのだ。

 

その時期、僕は毎週月曜日が休みで、偶然にも月曜日の午前中に初心者向けのプログラムが組まれていたので、ゴーグル、キャップ、スイミングパンツを買い揃え意気揚々と初回の講習にむかった。

 

参加してみて驚いたのは、参加者のほとんどが高齢者だったことだ。

 

よく考えてみればすぐにわかることではあるのだが、月曜の午前中に普通のサラリーマンやOLが参加できるわけがなく、30代の受講生は僕一人だった。

 

初めの頃は楽しく参加していた。新しいことを覚えるのはワクワクするものだし、普段あまり接点のない高齢者の方々とちょっとした話ができるのも楽しかった。のんびりとした雰囲気はとても心地よかった。

 

ただ、4回目、5回目と回を重ねるごとにだんだんとジムに足が向かわなくなっていった。ジムが自宅から遠かった、受講生の数が多く、もう少し指導を受けたいなど理由はいくつかあるのだが、クラスの雰囲気に馴染めなかったのが一番の理由だ。

 

初めこそ、世代の違う方々との会話を楽しむことができたのだが、共通の話題もないので、徐々に会話はなくなり、僕は一人黙々と泳いでいた。それだけであればよかったのだが、何よりも周りに比べて泳げないことがとても恥ずかしかった。初心者プログラムに参加しているのだから、泳げなくて当たり前だが、僕はクラスの中でもダントツで下手だったし、すでにかなり泳げるにもかかわらず初心者クラスに参加している方もたくさんいたので、目立って下手くそだった。普段であれば、まーしょうがないと開き直れるのだが、なぜだか、その時はそう思えなかった。結局僕はそのプログラムを最後まで終えることができず、ジムを退会した。

 

しかし、今回はとても楽しく通っている。 

前回と同じようにプールプログラムが一番の目的であり、まだそのプールは始まっていないのだが、なんとなくいい雰囲気だ。前回のジム選びの反省を生かして、自宅から近いところを選んだし、大浴場があり、まだできたばかりの新しい施設であるというのも気に入っている理由の一つだが、最近、別のところに理由があるような気がしている。

 

「見栄を張れる」ということだ。

 

自宅で黙々とトレーニングをするのではなく、ジムでトレーニングするメリットのひとつとして、「誰かに見られている」環境の中でトレーニングができるということだ。これはジムだけでなく、例えば、予備校の自習室のようなところでも当てはまる。周りが必死に勉強している姿を見ると、自分も勉強しなければという気持ちになる。これと同じで、周りが必死にトレーニングをしている姿を見ると自分も頑張ろうという気持ちになる。逆にその姿を見られれば見られるほどもっと頑張らなければと思う。自分を良く見せようとして頑張る。

 

つまり「見栄」だ。

 

その気持ちは異性だけでなく、同性に対しても「俺なかなかやるでしょ」のような気持ちとなって現れ、自分自身を鼓舞する。このような状況にのほほんとした雰囲気はないのだが、トレーニング効果を感じている。

 

今、振り返ってみれば前回のジムは居心地が良すぎたのだと思う。自分自身の能力を高めようとすれば、多少の緊張感は必要だ。ほど良い緊張感があるからこそ、今、楽しくジムに通っているような気がした。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村